• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

独善主義の解説 - 学研 四字辞典熟語

主観的な判断で、自分一人だけが間違いがなく最善であると考えること。
注記
「独善」は、独りよがり。
用例
儒教が孤独的な道徳教の多いところから、保身的な独善主義に陥りやすく、そういうところから醸かもされた雰囲気ふんいきは、均平にはやりきれないものであった。〈徳田秋声・縮図〉
類語
坎井之蛙かんせいのあ 夜郎自大やろうじだい 唯我独尊ゆいがどくそん 用管窺天ようかんきてん 遼東之豕りょうとうのいのこ

独善主義の解説 - 小学館 大辞泉

他人の利害や立場を考えず、自分だけが正しいとする考え方。

キーワード[見識]の四字熟語

キーワード[主義]の四字熟語