《「孟子」尽心上から》

  1. 他人に関与せず、自分の身だけを正しく修めること。

  1. 自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。「独善に陥る」「独善的」

出典:青空文庫