• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形動]

  1. 深く吟味しないで、ひとりよがりの判断を真理として主張するさま。「独断的な見解」

  1. カント哲学で、認識能力の限界や本質について吟味せず、純粋な理性によって実在を認識できると主張するさま。