• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

独鈷鎌首の解説 - 小学館 大辞泉

論争好きの歌人。六百番歌合の時、顕昭 (けんしょう) 独鈷を手に持ち、寂蓮 (じゃくれん) 鎌首のように首をもたげて論争したのを、女房たちが「例の独鈷鎌首」とはやしたところからいう。

[四字熟語]カテゴリの言葉