• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

せまいこと。「…も狭に」の形で用いられる。

「山も―に咲けるあしびの悪しからぬ君をいつしか行きてはや見む」〈・一四二八〉