• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
《原題、(ロシア)Zapiski okhotnikaツルゲーネフの短編集。1852年に22編で刊行、1880年に3編が追加され、全25編となる。ハンターの見聞録のかたちで農奴の悲惨な生活と高貴な魂とを描き、農奴解放に大きな影響を及ぼした。
戸川昌子のミステリー小説。昭和38年(1963)刊行。同年の第50回直木賞候補作となる。昭和39年(1964)公開の中平康監督による映画化作品には、著者自身も出演している。