• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「じもの」は接尾語》(副詞的に用いて)猪 (いのしし) や鹿 (しか) のように。

「―い這 (は) ひ伏しつつぬばたまの夕 (ゆうへ) に至れば」〈・一九九〉