• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 陶磁器で、猫の爪で引っ掻 (か) いたような短い櫛目 (くしめ) 状の刻線。中国の珠光青磁、朝鮮の金海茶碗にみられる。

  1. わらで編んだむしろ。蹴鞠 (けまり) などのとき、庭に敷くもの。

    1. 「―を敷かれたり」〈著聞集・一一〉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉