1. 平安時代の芸能で、一種のこっけいな物まねや言葉芸。唐から伝来した散楽 (さんがく) に日本古来のこっけいな技が加味されたもの。相撲節 (すまいのせち) 御神楽 (みかぐら) の夜などの余興に即興で演じられた。

  1. 平安時代から鎌倉時代にかけて、寺社に所属する職業芸能人(猿楽法師)が祭礼などの際、1を街頭で行ったもの。

  1. 平安時代以降、諸大寺で、呪師 (じゅし) の芸能(広義には猿楽の一種)のあとに1が演じられたもの。

  1. 中世以降、23が演劇化して能・狂言が成立したところから、明治初期まで能・狂言の古称。→狂言

出典:青空文庫