《「さるたひこ」とも》

シソ科の多年草。湿地に自生し、高さ20~60センチ。茎は四角柱。葉は対生し、縁に粗いぎざぎざがある。夏から秋に、葉の付け根に白い唇形の小花を開く。小白根 (こしろね) 。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉