• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。和泉 (いずみ) 流。能「嵐山」の替間 (かえあい) で、本狂言としても演じる。吉野山の猿が嵐山の舅 (しゅうと) 猿のもとに婿入りをし、酒宴で歌い舞う。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉