• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

猿が木のうろや岩石のくぼみなどに蓄えておいた果実や木の実が自然発酵して酒のようになったもの。ましら酒。 秋》「―は夜毎の月に澄みぬらん/紅緑