1. 猿が食物を頰に詰め込んでたくわえるところ。ニホンザルヒヒなどにある。ほおぶくろ。

  1. 武具の一。鉄面 (かなめん) の一種で、頰とあごを覆い、顔を保護するもの。

  1. サルボオガイの別名。

  1. 江戸で、片手桶のこと。くみ出し桶。

    1. 「夏は―をつけて随意 (きまま) に汲ませる」〈滑・浮世風呂・四〉

  1. (猿のようにばかげたやつの意で)人をののしったりするときに言う語。

    1. 「世間の奴を―と、眺めて見んと思ひつつ」〈黄・雁取帳〉

  1. 猿頰面」の略。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/動物名]カテゴリの言葉