獅子奮迅の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

獅子が奮い立って、猛進するような激しい勢い。また、そのような猛烈な勢いで活動すること。▽「獅子」はライオン。「奮迅」は激しく奮い立つさま。
出典
『大般若経だいはんにゃきょう』五二
句例
獅子奮迅の活躍
用例
頭の傷口から流れ出る血が右眼にはいり、周三は左眼を頼りに獅子奮迅のいきおいで荒れくるった。<津本陽・富士の月魄>

獅子奮迅の解説 - 学研 四字辞典熟語

獅子が、獲物をねらって、すさまじい勢いで奮ふるい立つときのように、激しく活動すること。事に対処する意気込みが果敢なさま。また、猛烈な活動や華々しい活躍のたとえ。
注記
「獅子」は、ライオン。「奮迅」は、奮い立ってすばやく動き回るさま。
出典
『大般若経だいはんにゃきょう』五二

獅子奮迅の解説 - 小学館 大辞泉

獅子がふるい立って暴れまわるように、激しい勢いで物事に対処すること。「獅子奮迅の働きをする」

[元気・健康を表す/元気・活気がある]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[勢い]の四字熟語

キーワード[活動・活躍]の四字熟語

出典:青空文庫