• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

商品や作品、また政策などが専門家や造詣の深いファンに評価されること。また、その度合い。一般からの人気はなくとも、味わい深さや斬新さが評価されるようすをいう。通好み。「この小説は玄人受けしたが売れなかった」→世間受け