• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世の天台宗で行われた秘法。摩多羅 (またら) 神を本尊として、秘密裏に師から弟子に奥義を口伝するもの。のち真言宗の一派立川流の影響を受け、愛欲貪財の邪教と化し、江戸中期に禁圧された。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉