• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

玄裳縞衣の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

つるの姿の形容。転じて、つるの異名。黒のはかまと白い上着の意から。▽「玄」は黒の意。「裳」はもすそ・したばかま。「縞」は白の意。また、白ぎぬの意。「衣」はころも・上着。
出典
蘇軾そしょく「後赤壁賦こうせきへきのふ

玄裳縞衣の解説 - 小学館 大辞泉

蘇軾「後赤壁賦」の「翅 (はね) 車輪の如く、玄裳縞衣、戛然 (かつぜん) と長鳴す」から》黒い袴 (はかま) と白い上着。転じてのこと。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。