陸地の続くかぎり。国の果て。

「―のうち、いづくに鬼神のすむべきぞ」〈伽・酒呑童子