1. 玉を貫き通した細ひも。また、その宝玉の首飾り。

    1. 「初春の初子 (はつね) の今日の玉箒 (たまばはき) 手に取るからに揺らく―」〈・四四九三〉

  1. 《玉をつなぐ緒が短いところから》短いことのたとえ。

    1. 「逢ふことは―ばかり思ほえてつらき心の長く見ゆらむ」〈伊勢・三〇〉

  1. 《魂 (たま) の緒の意から》生命。いのち。

    1. 「―よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする」〈新古今・恋一〉