• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]かつまの美称。編み目の細かい竹籠。
[枕]かつまの中子 (なかご) と蓋 (ふた) が合い、その編み目が締まっている意から、「あふ」「しま」にかかる。
    1. 「―逢はむと言ふは誰 (たれ) なるか」〈・二九一六〉

江戸後期の随筆。14巻、目録1巻。本居宣長 (もとおりのりなが) 著。寛政5年(1793)起稿し、享和元年(1801)に没するまで書き続けた。寛政7~文化9年(1795~1812)刊。宣長の学問・芸術・人生への考えを記したもの。