1. 清らかな水、また、滝。

  1. 雨だれなどの水滴の美称。

    1. 「軒の―の音も楽しい」〈藤村千曲川のスケッチ

    2. 「雨やまぬ軒の―数知らず」〈後撰・恋一〉
京都府綴喜 (つづき) 郡井手町にあった、井手の玉川。[歌枕]
    1. 「いかにせむうさのつかひは許されず恋しき人はいでの―」〈実方集〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫