玉石混淆の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

すぐれたものと劣ったものが区別なく入り混じっていることのたとえ。宝玉と石ころが混じり合っている意から。▽「玉石」は宝玉と石。よいものと悪いもの、賢者と愚者などのたとえ。「混淆」はいろいろなものが入り混じること。「淆」は「交」とも書く。
出典
『抱朴子ほうぼくし』尚博しょうはく
句例
玉石混淆の集まり
用例
景樹の歌がひどく玉石混淆であるところは俳人でいうと蓼太に比するが適当と思われ候。<正岡子規・歌よみに与うる書>
類語
玉石雑糅ぎょくせきざつじゅう 玉石同架ぎょくせきどうか 玉石同匱ぎょくせきどうき
活用形
〈―スル〉

玉石混淆の解説 - 学研 四字辞典熟語

すぐれたものとつまらないものが入り混じっていることのたとえ。
注記
「玉石」は、宝玉と石。転じて、よいものと悪いもののたとえ。「混淆」は、入り混じること。「淆」は、「交」とも書く。
出典
『抱朴子ほうぼくし』尚博しょうはく

玉石混淆の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)《「抱朴子」外篇・尚博から》価値のあるものとないものとが、入りまじっていること。
[補説]「玉石混合」とするのは誤り。

キーワード[混同]の四字熟語

出典:青空文庫