• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]たすきの美称。
    1. 「衣の袖に―上げ」〈盛衰記・一八〉

[枕]
  1. たすきを項 (うなじ) に懸けるところから、「うね」「懸く」にかかる。

    1. 「―畝傍 (うねび) の山の」〈・二九〉

    2. 「―かけず忘れむ事計 (はか) りもが」〈・二八九八〉
  1. 「雲」にかかる。万葉集・一三三五の「玉だすき雲飛山 (うねびのやま) 」を読み誤ったところからという。

    1. 「―雲ゐる山の初桜花」〈夫木・四〉