• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「春秋公羊伝」哀公三年から》臣下たるものは、帝王の事のためには、個人の家の事は捨てて尽くすべきであるということ。