• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エジプト南東部の古代都市テーベ(現ルクソール)のナイル川西岸の丘陵にある新王国時代(前16~前11世紀)の王墓群。1922年にはツタンカーメンの墳墓が発掘されたことで知られる。1979年、「古代都市テーベとその墓地遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉