• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

王鐸の解説 - 小学館 大辞泉

[1592~1652]中国、明 (みん) 末清 (しん) 初の書家・画家。字 (あざな) は覚斯 (かくし) 。明・清の2朝に仕えた。自由奔放で感情に富んだ書と、簡素で平明な山水画で知られる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉