[形][文]めづら・し[シク]《動詞「愛 (め) ず」から派生した語》
  1. 見聞きすることがまれである。普通とは違っていて目新しい。めったになくて貴重である。「―・い鳥を飼う」「―・く早起きする」「最近の彼には―・く機嫌がいい」「都会には―・い純朴な青年」

  1. 賞美する価値がある。すばらしい。

    1. 「難波人葦火 (あしひ) 焚く屋のすしてあれど己が妻こそ常 (とこ) ―・しき」〈・二六五一〉

[派生]めずらしがる[動ラ五]めずらしげ[形動]めずらしさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース