• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

珪藻の遺体が海底や湖沼の底などに沈殿してできた堆積物 (たいせきぶつ) 。主成分は二酸化珪素。純粋なものは白色、ふつうは淡黄色で、多孔質。断熱材・保温材・吸着剤・研磨剤・濾過 (ろか) 剤やダイナマイト製造などにも使用。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース