[動ラ下一][文]あらは・る[ラ下二]
  1. (現れる)今までなかったものが姿を見せる。「彗星 (すいせい) のごとく―・れる」「雲間から太陽が―・れる」

  1. (表れる)隠れていたものが表面に出てくる。感情・思想などが表面から知られる状態になる。「怒りが顔に―・れる」「彼の考えがよく―・れた文章」

  1. (現れる)隠れていたものが際立って見えてくる。知れわたる。「真価が世に―・れる」

  1. (顕れる)よくないことが公になる。発覚する。「悪事が―・れる」

出典:青空文庫

出典:gooニュース