• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《この世に人間の姿をして現れた神の意から》天皇の称。あきつかみ。あきつみかみ。

  1. 随時、姿を現して、霊験あらたかな神。特に住吉や北野の神などをいう。