• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

手持ちのかね。現金。近世、通貨として銀貨を主に使った上方でいう。

「万 (よろづ) ―売りに、掛け値なしと相定め」〈浮・永代蔵・一〉