1. この世に現に存在しているもの。現実。夢・虚構などに対していう。「夢か現か幻か」

  1. 意識の正常な状態。正気。「現に返る」

  1. 《「夢うつつ」「夢かうつつか」などの形で用いられるところから誤って》夢とも現実ともはっきりしない状態。夢見心地。夢心地。

    1. 「昨今の―は事実かも知れないと思った」〈漱石草枕

  1. 現実に生きている状態。現存。死に対していう。

    1. 「―の人々の中に忍ぶることだに、隠れある世の中かは」〈・手習〉