• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

キツネノマゴ科の低木。高さ50~80センチ。葉は卵形で先がとがり、対生。夏、淡紅紫色の唇形の花を穂状につける。夏から秋に茎・葉を刈り取り、藍色の染料をとる。台湾・東南アジアの原産で、日本では鹿児島や沖縄で栽培。