• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

琴瑟相和の解説 - 学研 四字辞典熟語

人と人の仲、特に夫婦の仲がむつまじいことのたとえ。
注記
「琴」は、小型の琴。「瑟」は、大型の琴。琴と瑟とは常に合奏し、音がよく調和するの意から。「琴瑟きんしつあいす」と読み下す。
類語
鴛鴦之契えんおうのちぎり 関雎之化かんしょのか 比翼連理ひよくれんり

キーワード[家族]の四字熟語