• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸末期に流行した玩具楽器。細長い鋼鉄をかんざしのように二股にし、その間に針のような鉄をつけたもの。根もとを口にくわえ、間の鉄を指ではじいて鳴らす。きやこん。くちびわ。びわぼん。→口琴 (こうきん) 

[生活/その他]カテゴリの言葉