1. きず。特に、全体としてすぐれている中にあって惜しむべき小さな傷。また、短所。欠点。「わずかな―もない」

  1. 恥。辱め。名折れ。

    1. 「仕損じては一門の―になるべく候ふ間」〈義経記・六〉

[補説]「瑕」は玉のきず、「釁」もきずの意。「瑾」は美しい玉が本義で、「瑕瑾」をきずの意味に用いるのは、日本独自の用法。

出典:青空文庫