• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大乗論書。漢訳では弥勒 (みろく) 説とし、チベット訳では無著 (むじゃく) 著とする。4世紀ころ成立。玄奘 (げんじょう) 訳100巻が有名。瑜伽行の実践を詳説し、唯識中道の理に悟入すべきことを説くもの。瑜伽論。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉