社会・公共のために功労がある者に授与される勲章。明治21年(1888)制定。瑞宝大綬章 (ずいほうだいじゅしょう) 、瑞宝重光章 (ずいほうじゅうこうしょう) 、瑞宝中綬章 (ずいほうちゅうじゅしょう) 、瑞宝小綬章 (ずいほうしょうじゅしょう) 、瑞宝双光章 (ずいほうそうこうしょう) 、瑞宝単光章 (ずいほうたんこうしょう) の6等級がある。制定時は勲一等から勲八等までの8等級があったが、平成15年(2003)より現行の等級に改訂。

出典:青空文庫