• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

環堵蕭然の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

家が非常に狭く、みすぼらしくさびしいさま。▽「環堵」は小さく狭い家のこと。四方それぞれ一堵の家の意。「環」は四周・周囲。「堵」は一丈いちじょう(約二・二五メートル)とも五丈とも四十尺ともいい諸説ある。「蕭然」はみすぼらしくさびしいさま。物さびしく荒れ果てたさま。
出典
陶潜とうせん「五柳先生伝ごりゅうせんせいでん」。「環堵蕭然、風日ふうじつを蔽おおわず」(…、風や日差しを遮ることもできないくらいだ)
句例
環堵蕭然たるあばらや
類語
家徒四壁かとしへき
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

環堵蕭然の解説 - 学研 四字熟語辞典

家が非常に狭くて、みすぼらしいさま。
注記
「環堵」は、家の周囲を囲む垣根のこと。また、四方が一堵いっとの長さの家の意で、転じて、狭くて小さい家のこと。「蕭然」は、ものさびしいさま。
出典
陶潜とうせん「五柳先生伝ごりゅうせんせいでん
類語
家徒四壁かとしへき

キーワード[貧しい]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。