• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

環境の保全についての基本理念と施策の基本となる事項を定める法律。国・地方公共団体・事業者・国民の責務、環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築、国際的協調による地球環境保全の積極的推進、環境基本計画や環境基準の策定などを規定している。平成5年(1993)公布・施行。なお、本法の施行によって公害対策基本法は廃止された。

[社会/法律]カテゴリの言葉