珠玉を連ねた首飾りや腕輪。インドにおける装身具であったが、仏教では仏像を荘厳 (しょうごん) する飾り具をいい、また寺院内の宝華 (ほうけ) 状の荘厳をいう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉