• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

瓜田李下の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人に疑念を抱かせるような言動は慎むべきであるという戒めの語。また、人に嫌疑を抱かせるような言動のたとえともなる。▽「瓜田」は瓜うりのはたけ。「李下」は李すももの木の下。「李下瓜田りかかでん」ともいう。
出典
古楽府こがふ「君子行くんしこう」。「君子は未然に防ぎ、嫌疑の間に処らず、瓜田に履くつを納れず、李下に冠かんむりを正さず」(君子たる者は未然に疑いをうけるようなことは避けなければならない。うり畑でかがんで履物をはき直すと、うりを盗んでいると疑われるし、すももの木の下で冠をかぶり直すと、すももを盗んでいると疑われるので、こうした行動は避けなければいけない)
用例
あっちが顔のいい上にあんなにはねッかえりで、瓜田李下の嫌疑なんぞにかまわないところへ<三宅花圃・藪の鶯>
類語
悪木盗泉あくぼくとうせん 瓜田之履かでんのくつ 李下之冠りかのかんむり

瓜田李下の解説 - 学研 四字辞典熟語

人に疑われるような言動はつつしまなければいけないというたとえ。
注記
「瓜田に履くつに(慣習的に「履くつを」と読む)納れず、李下りかに冠かんむりを正たださず」の略。瓜うり畑で履物をはきなおすと瓜を盗むと疑われ、また、李すももの木の下で冠をかぶりなおすと李を盗むと疑われるという意から。「李下瓜田りかかでん」ともいう。
出典
『文選もんぜん』古楽府こがふ「君子行くんしこう
類語
悪木盗泉あくぼくとうせん 李下之冠りかのかんむり

瓜田李下の解説 - 小学館 大辞泉

《「瓜田に履 (くつ) を納 (い) れず、李下に冠を正さず」の、「瓜田」と「李下」とを合わせたもの》人に疑われるようなことはするなというたとえ。

[生きる指針/戒めの語]カテゴリの四字熟語

キーワード[疑う]の四字熟語

キーワード[わきまえる]の四字熟語