《「へいし」とも》

  1. 酒をいれて、つぐのに用いる器。形は細長く、胴が張って口が小さい。銅・錫 (すず) ・陶磁器などで作る。徳利 (とくり) 。

  1. 紋所の名。1を図案化したもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫