承応年間(1652~1655)京都長者町の桔梗屋甚三郎 (ききょうやじんざぶろう) が、茜 (あかね) で染め出した紅梅色の平絹。女性の和服の胴裏に用いる。また、その色。中紅 (ちゅうもみ) 。