民謡の一。多く七・七・七・五の4句形式で、節は地方によって異なる。江戸末期から流行。越後甚句・米山 (よねやま) 甚句名古屋甚句・博多甚句・相撲甚句など。「地 (じ) の句」「神供 (じんく) 」の意からとも、また、越後国の甚九という人名からともいうが未詳。

出典:青空文庫