• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ四]
  1. 生命を保つ。生存する。生きる。「―・ける屍 (しかばね) 」

    1. 「限りとて別るる道の悲しきに―・かまほしきは命なりけり」〈・桐壺〉

  1. 生き延びる。

    1. 「―・かん定辛くてこそ―・かめ」〈今昔・二三・二一〉

[動カ上二]い(生)きる」の文語形。
[動カ下二]い(生)ける」の文語形。
[補説]上代・平安時代には四段活用であったが、中世以降には上二段活用に変化し、のち一段活用となった。