• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(ドイツ)Lebensphilosophie》19世紀後半から20世紀初めにかけて、理性主義・主知主義実証主義の哲学や唯物論などに反対し、生きている生、体験としての生の直接的把握を目ざしてヨーロッパで展開された一連の哲学的傾向。ショーペンハウアーニーチェを源流とし、ディルタイジンメルベルクソンらによって代表される。