• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「なりびさこ」とも》

  1. ヒョウタンの別名。

  1. ヒョウタンの実を二つに割って、酒や水をすくって飲む器にしたもの。

    1. 「―といふ物を人の得させたりければ」〈徒然・一八〉

[生物/植物名]カテゴリの言葉