《「いのくちしま」とも》広島県南東部、瀬戸内海の芸予諸島中の島。瀬戸内しまなみ海道のほぼ中央、尾道市瀬戸田町にある。面積31平方キロメートル。最高峰は南西にある観音山(標高472メートル)で眺望がよい。島の斜面ではミカンやジョチュウギクの栽培が盛ん。島内には寺院が多く、向上寺の三重塔は国宝に指定され、耕三 (こうさん) 寺は「西の日光」といわれる。瀬戸内海国立公園に属する。