• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生死事大の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生き死にの問題は重大であり、それをいかに超越するかが最大事であること。生死を繰り返す、この世の迷いを捨てて悟りを開くことは、いま生きているこの時しかなく、最も大切なことであるという。求法ぐほうの切なることをいう。▽仏教、特に禅宗の語。
出典
『六祖壇経ろくそだんきょう

生死事大の解説 - 学研 四字熟語辞典

輪廻りんねを繰り返す現世では、人として、今がいちばん大切であるということ。また、現世は無常であり、うつろいやすいものであるという意味にも使うことがある。
注記
仏教のことばで、悟りを求める願いを表すことば。「生死」を「せいし」と読み誤らない。「事大」は大切であること、一大事であること。
出典
『六祖壇経ろくそだんきょう
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。